2010年05月28日

子ども向けに「食育すごろく」=大阪府高槻市〔地域〕(時事通信)

 大阪府高槻市は、子どもたちに遊びを通じて食育を学んでもらおうと「食育すごろく」を作った。市内の幼稚園や小学校に配布したほか、市役所などでも希望者に無料提供している。
 すごろくのマス目はかるたのようなイラストになっており、「とりいれよう旬の食材たっぷりと」など、食に関する五七五調の読み句が添えられている。さいころを振って駒を進め、マス目の句を読み忘れたらふたつ戻るという簡単なルールになっている。
 3万部作ったうち、すでに2万部以上が配布済み。市の担当者は「友達や家族と遊びながら食の大切さも学んで」と話す。6月19日の「食育の日」に向け、5月中にすごろくを配り終えて普及活動を進めたいとしている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕チャグチャグ馬コ、今年は6月12日=岩手
〔地域の情報〕「芝桜の丘」に大勢の観光客=愛知県豊根村
〔地域の情報〕16世紀「村中城」の遺構、初めて確認=佐賀市
〔地域の情報〕乗り放題のバス「くるる号」運行=北海道富良野市
〔地域の情報〕色鮮やかな芝桜のじゅうたん=福島県平田村

<高額療養費制度>改善を…厚労相に要望書提出(毎日新聞)
14年移設完了は困難=防衛相(時事通信)
携帯電話を人に例えると……10代・20代は「相棒」、30代以上は?(Business Media 誠)
ポイントは“本業”を通じた環境経営――ゴールドウインの自転車通勤制度(Business Media 誠)
<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
posted by ヌマタ ヒロミ at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

遺族「裏切られた思い」=福知山線事故報告書漏えい−信楽鉄道事故追悼式・滋賀(時事通信)

 JR西日本と信楽高原鉄道(SKR)の列車が正面衝突し、42人が死亡した事故から19年たった14日、滋賀県甲賀市の慰霊碑前で追悼式典が開かれた。遺族やJR西の佐々木隆之社長、今井恵之助SKR社長らが参列し、犠牲者の冥福を祈った。
 妻を亡くした吉崎俊三さん(76)は遺族代表として慰霊の言葉を述べる中で、JR西の福知山線脱線事故の報告書漏えい問題に触れ「事故調(現運輸安全委員会)の信用が落ち、裏切られた思いであります」と話した。
 今井社長は「一瞬にして掛け替えのない肉親を亡くされた遺族の皆さま方に対し、心より深くおわび申し上げる」と述べた。
 佐々木社長は式典後に記者団の質問に答え、漏えい問題について「調べる側と調べられる側にある関係がきちっと一線を引いた形で認識できていなかった。反省しなければいけない」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔写真特集〕JR福知山線脱線事故
朝日新聞ヘリ、装置故障で着陸=都内空き地に
「課題検討会」などで報告=5年迎え遺族ら集会
事故の教訓生かす=前原国交相

大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
<京都地裁>裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」(毎日新聞)
小沢氏に再聴取要請 「裏金」供述に食い違い 改めて問われる説明責任(産経新聞)
橋下知事「基地移設で優先順位高いのは関西」(読売新聞)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
posted by ヌマタ ヒロミ at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。