2010年04月30日

責任の所在は… ストーカー殺人で妹を失った尾ノ井廣行さん(産経新聞)

 【JR西強制起訴】思いを託す JR脱線・被害者へ〈2〉

 ■加害者死亡、過失問えず

 −−加害者が自殺したこともあり、事件に関する裁判は県警を相手取った国家賠償訴訟だけでした

 「事件の報道は、妹への中傷ばかりで、僕も報道を見た人が『あんな子やったら殺されても仕方ないわ』というのを聞き、ショックを受けました。1年間も暴力や監禁、脅迫というひどいストーカー行為を受けた末に殺された妹の名誉を何とか回復したかったのと、責任の所在を明らかにしたかったんです」

 −−事件後の警察の対応はどうでしたか

 「書類送検して終わり、です。僕は親戚(しんせき)や友人と目撃者を探し回りましたが、警察には協力どころか『動かんといてくれ』と言われました」

 −−被害者支援も今のようではなかった

 「弁護士を訪ねても、『何をしたいんや。何もできへんで』といわれるばかりで。たまたま『あすの会(全国犯罪被害者の会)』の設立総会が東京で開かれるという新聞記事を見て夜行に飛び乗り、そこで体験を語ったのがきっかけで取材を受けるようになり、裁判をやってくれる弁護士とも知り合えました」

 −−裁判では警察の捜査資料の開示や、警察官の出廷も求めました

 「資料はほとんど黒く塗りつぶされていました。証人として出廷した警察官ものらりくらりと答えるだけで。警察もそうですが、裁判ってこんなもんなのか、と。警察への不信感は逆に深まりました」

 −−JR福知山線事故の裁判では今後、歴代3社長が法廷に立ちますが

 「社長もああいう態度を取るでしょう。僕も裁判で真実が明らかになると思っていましたが、結局は本人が語らない限り、遺族は何も知ることができない」

 −−判決については

 「司法は冷たいな、とつくづく思いました。僕が裁判で得られたのは結局、さらなる失望感でした」

 (聞き手 木村さやか)

 【用語解説】太子町ストーカー殺人事件

 平成11年2月、会社員の尾ノ井由加子さん=当時(20)=が兵庫県太子町の県道を軽乗用車で走行中、ストーカー行為を続けていた男=同(27)=に大型乗用車で正面衝突され即死。男もその場で自殺した。県警は殺人容疑で男を被疑者死亡のまま書類送検。遺族は相談を受けながら県警が適切な捜査を怠ったとして、県に約1億円の国家賠償を求め提訴したが、18年に660万円の賠償を命じる一方、捜査怠慢と殺害との因果関係は否定した1、2審判決が確定した。

【関連記事】
ストーカーの罪で認否留保 ノエビア前副社長の初公判
ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ
63歳女がストーカー容疑
63歳女ストーカー、元カレの職場に居座る 警告も効果なし
最もセクシーなキャスターに涙 ストーカー犯の判決受け
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

航空機テロ防止 ボディースキャナー専門家委が初会合(産経新聞)
「『両さん』像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ−警視庁(時事通信)
医療改革のグランドデザインを承認―日産婦学会総会(医療介護CBニュース)
河村市長「恒久減税、駄目なら解散しかない」(読売新聞)
医療・介護の現場を反映、「政権政党」を意識−民主党参院選マニフェスト素案検証(医療介護CBニュース)
posted by ヌマタ ヒロミ at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。